大人のカロリミット お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!

ダイエット 野菜

野菜には、①緑黄色野菜(カボチャ、にんじん、ピーマンなど)、②淡色野菜(キャベツ、玉ねぎ、大根など)、③海藻類、④芋類(じゃがいも、さつもいもなど)、⑤果物に大きく分けられます。

これから年齢別に①~⑤の食べ物の一日に必要な摂取量の目安についてお話していきたいと思います。

あくまで目安なので、多少ズレがあるかもしれませんがご了承ください。

0歳のときは、赤ちゃんは野菜を食べないのでこの情報についてはとばします。1~3歳のときは、①が90g②は120g③が5g④芋類が40g、キノコ類が5g、そして⑤が150gです。幼稚園、保育園の年齢では、①90g②150g③5g④芋類が60g、キノコ類が5g⑤150gです。

この頃は、幼稚園や保育所にも通い始めるので、活動量が増えます。

是非必要な野菜をお子様が摂れるようにしておきたいですね。小学生1~3年では、①90g②150g③5g④芋類が70g、キノコ類が5g⑤150gです。

小学生になることで学習や運動がより本格的になります。活発に活動を続けるためにも是非必要な野菜を摂取しておきたいところです。

小学生4~6年では、①90g②200g③5g④芋類が100g、キノコ類が5g⑤150gです。中学生では、①100g②200g③10g④芋類が100g、キノコ類が10g⑤150gです。

中学生になると、小学生で勉強したことが基盤となり勉強もさらに難しくなります。

また部活動に所属する学生も多いと思います。

しっかりと野菜を摂って元気に活動したいですね。

野菜には大きく分けて①緑黄色野菜②淡色野菜③海藻類④芋類⑤果物に分かれることをお話させていただきました。

高校生に必要な一日の野菜の摂取量は、①が120g②が230g③10g④芋類が100g、きのこ類が10g⑤が150gになります。

高校生になると、勉強や部活動の他にアルバイトを始める学生もいます。

活動量が増えるのでしっかりと一日に必要な野菜を摂取しておきたいですね。

また高校生になると、電車通学になる方も多いと思います。

片道何時間もかけて通う方もいらっしゃると思うので、エネルギーはしっかり摂っておきましょう。

次に大学生と大人の一日に必要な野菜の摂取量です。大学生と大人の一日に必要な摂取量は同じです。

①が120g②が230g③が10g④芋類が110g、きのこ類が10g⑤が150gになります。

大学生になると、一人暮らしや寮での生活を始める方もいますね。勉強、クラブ活動、サークル、アルバイトと忙しい日々を送っている方もいらっしゃると思います。

そんな忙しい大学生活を切り抜けるためにも一日に必要な野菜は是非摂取しておきたいところですね。

またできるだけ一つの野菜だけを続けて食べるのではなく、季節に合った旬の野菜など色んな種類の野菜を口にするように心がけるとよいでしょう。

色んな種類の野菜を摂ることで、摂取する栄養素が偏ることを防げます。

年代別の一日に必要な野菜の摂取量を目安にして、毎日エネルギッシュに過ごしていきたいですね。

一押しダイエットサプリ


管理人プロフィール 
訪問ありがとうございます。ツヨシです。ダイエットを目指す奥さんの為にダイエットサプリをしらべてみました。詳しいプロフィールはこちらです。